世界のトイレ情報

■ ドイツの概要
現地の言葉 ドイツ語 
現地表記 ヴォー イスト ディー トアレッテ?
発音(読み方) 「ヴォー イスト ディー トアレッテ?」 
言語の解説 「ヴォー」が「どこ」、「イスト」が英語で言うbe動詞、「ディー」は冠詞、「トアレッテ」が「トイレ」にあたります。
hiro さんから「ドイツでは「ヴォー イスト フラオ マイヤー(マイヤーおばさんはどこですか)」と聞くとトイレの場所を教えてくれます。」という情報をいただきました。トイレの隠語は各国にたくさんありますが、ドイツでは「マイヤーおばさん」なのですね。 
トイレ事情概況 腰掛け式のいわゆる「洋式便座」です。これと言って特筆すべきことはありません。安心してお出かけください。 

大便器事情 / 小便器事情


■大便器事情
管理番号:DE100001 撮影年: 1993年 撮影地: ベルリン〜フランクフルトアムマイン間
(ICE車内)
DE100001
形状: 腰掛け式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
(投稿:管理者)
管理者コメント:
 夢の超特急ICEのトイレです。この車両は車両自身のデザインや作りも洗練されていましたが、トイレもたいへん清潔かつデザイン的にもクオリティの高いものでした。


管理番号:DE100003 撮影年: 2000年 撮影地: フランクフルト
(某超高級ホテル)
DE100003
形状: 腰掛け式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
ドアを開ける前から、何やらすごい予感…。個室の形状と大きさは平均的。落ち着いた色調で、好感度も良。(投稿:MASAさん)
管理者コメント:
実はこの写真の他にトイレの前室の写真もご投稿いただきました。「何やらすごい予感」というのはその豪華さです。休憩用のふかふかの椅子や間接照明にぼんやり照らされた空間はもはやここがトイレの前室であることを忘れさせます。その個室ですから超清潔!日本以外でペーパーが三角に折ってあるのを初めてみました。さすがは超高級ホテルです。


管理番号:DE100006 撮影年: 2006年 撮影地: ミュンヘン
(ミュンヘン国際空港)
DE100006
形状: 腰掛け式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
蓋がないのはともかく大筋においてこの地域一般的なもの。壁のボタンで水を流すのが南独と北伊共通か(投稿:AoVAさん)
管理者コメント:
フタがないのは困りものです。
重い人が壊してしまうのでしょうか??




■小便器事情
管理番号:DE200002 撮影年: 1993年 撮影地: ベルリン
DE200002
便器の有無:
形状: 受けますよ型
   
   
   
   
   
投稿者コメント:
(投稿:管理者)
管理者コメント:
 典型的な受けますよ型です。壁当て型が「壁からちょっと張り出してきました」という印象を持つのに対し、受けますよ型はまるで桶が斜め下の壁から張り出してきたような、いわば「しずくを受ける」ことに気を使ったデザインになっていることに注目したいところです。受けますよ型は用語の定義の欄に書いたとおり、放物線を描く小水のまさにその行き先に排出口があるため、時に「どぼどぼどぼ」という派手な音がしてしまうという欠点があります。これを克服するためでしょうか、上の小便器では便器内に水流を拡散するためのメッシュが取り付けられています。さすがはドイツ。商品のデザインに気配りが行き届いています。


管理番号:DE200004 撮影年: 2000年 撮影地: フランクフルト
(某超高級ホテル)
DE200004
便器の有無:
形状: 受けますよ型
   
   
   
   
   
投稿者コメント:
男性用トイレのドアを開けると、まず洗面所。 両面が大きなガラスなので、室内が広く写りました。生花が飾ってあります。洗面所の奥のドアを開けると、やはり総大理石張りのトイレ。たまたま一緒だった日本人客も思わず『オオー!』と感嘆の声。
(投稿:MASAさん)
管理者コメント:
これまた超高級な感じですね。一緒にご投稿いただいた写真を見ると、黒と大理石でまとめられた洗面所もシックでまるで美容室。「洗面所」というより「化粧室」と呼びたい。


管理番号:DE200005 撮影年: 2006年 撮影地: ミュンヘン
(ミュンヘン国際空港)
DE200005
便器の有無:
形状: 受けますよ型
   
   
   
   
   
投稿者コメント:
形状的にはこの地方で一般的なもの。
中央の黒いしみに見えるものはハエのプリント。
ここを狙え、ってやつですね(投稿:AoVAさん)
管理者コメント:
典型的「受けますよ型」ですね。
オランダのスキポール空港にあった「ハエマーク」がここにもありましたか!