世界のトイレ情報

■ エジプトの概要
現地の言葉 アラビア語 
現地表記 アイナ ハンマーム?(正則法フスハー)
発音(読み方) 「アイナ ハンマーム?(正則法フスハー)」 
言語の解説 「アンミーヤ」というのは「方言」もしくは「口語」という一般名詞で、エジプト国内では「カイロ方言」「アスワン方言」などがあるようです。
流行歌や映画がカイロ方言でつくられているため、カイロ方言が結構通用するようです。もちろん、エジプト国外ではまたその地域によって異なった「アンミーヤ」があるようです。
教養人は「フスハー」をつかうようですが、まあ、バザールのおっちゃんなんぞは「アンミーヤ」をほこりにおもっているようです。
庶民の言葉といえばより適切なのかもしれません。
ちなみにカイロ方言では「フェーン・ハンマーム」です。(資料提供:むらかみさん) 
トイレ事情概況 エジプトは水洗い文化圏。水洗い文化圏のトイレは概して清潔です。ただ観光客向けの場所以外ではトイレットペーパーが備え付けられていない場合がありますので、どうしても水洗いできない方は持参しましょう。また、ペーパーを流すことを前提とした太さの排水管になっていない場合があります。ペーパーホルダーのないトイレに紙を流す時は注意が必要です。観光客相手の店などで大きめの汚物入れが用意されている場合はそこに紙を捨てます。 

大便器事情 / 小便器事情


■大便器事情
管理番号:EG100001 撮影年: (不明) 撮影地: カイロ〜アレキサンドリア間
(ドライブイン)
EG100001
形状: 腰掛け式
後処理の方法: 水洗い式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
(投稿:管理者)
管理者コメント:
 非常に珍しい四角い便座です。座りにくそう…。でも、外観は意外にラブリーな印象。便座付きのウェスタンスタイルですが、ちゃんとお尻洗い用のシャワーが付いておりここが水洗い文化圏であることを教えてくれます。わきのゴミ箱はタダの汚物入れかそれとも拭いた後の紙を捨てるゴミ箱なのかが気になるところです。水洗い文化圏のトイレは紙を流すとつまってしまうものもあり、外国人の多いところなどではこのように拭いた紙を捨てるゴミ箱が用意されている場合もあります。ゴミ箱の中身を見て判断しましょう。


管理番号:EG100002 撮影年: (不明) 撮影地: 移動中のドライブイン
EG100002
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 水洗い式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
(投稿:管理者)
管理者コメント:
 具体的な撮影地は不明です。典型的アラブ式トイレです。しゃがんだときに手前を向いているのはいつ盗賊におそわれるとも知れない砂漠の民の習慣なのでしょうか。ここにもやはりお尻洗い用シャワーがあります。ツアーで寄るドライブインだけあってかなり清潔。考え方によっては、便以外のものを流さずしかも強い水流が自由な方向に向けられるのですから、紙を流すところより清潔に保とうと思えば徹底できますね。


管理番号:EG100003 撮影年: 2001年 撮影地: カイロ
(ギザの土産物屋)
EG100003
形状: 腰掛け式
後処理の方法: 水洗い式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
こんにちは。初めて投稿します。

初めてエジプトへ行ったとき、記念に撮りました。
アフリカというと、偏見なのですが未開の地というイメージが大きく、
トイレとか相当なモノなんだろうな・・・。と思っていて、ふと土産物屋で用を足したら驚くほどきれい!想像以上でした。

でも、中に掛けられてあるホースみたいなものに「?」と思っていましたが、これってこびりついていたブツをこそぎおとすものなんでしょうね。

その他、自身腸が弱いモノで観光地による度にトイレに入ったんですが、概ねきれいでした。全て洋式+水洗+紙付きだったのは日本以上かも・・・・?(投稿:さんたさん)
管理者コメント:
ご投稿ありがとうございます。
エジプトは水洗い文化圏ですのでホースはお尻を水洗いするためのものだと考えられます。
水洗い文化圏は概してきれいですね。エジプトは古くからの観光国ですから、現地の方・外国人ともに使える紙とホースを備えた形式が多いのでしょう。日本ももっと観光客を誘致するためにはエジプトの例を見習ってほしいものです。


管理番号:EG100005 撮影年: 2005年 撮影地: アブ シンベル
(セティー ファースト アブシンベル ホテル)
EG100005
形状: 腰掛け式
後処理の方法: その他
(紙拭き、水洗い両用)
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 80%
仕切の個室隠蔽率: 70%
   
投稿者コメント:
アブシンベル ホテル内の女子用公衆トイレです。
便器内の銀の円いのが、ウォシュレットの穴かと思います。
公衆トイレなのであまり綺麗に使われてませんね。
このホテルの利用者は、東洋人10%、西洋人90%位かと思われます。(投稿:Uねえさん)
管理者コメント:
ご投稿ありがとうございます。
トルコにもありましたが、エジプトにはレポートにもあるような、便器内に水の出るところがあるウォシュレットの原型のようなトイレがあるようですね。

以下、Uねえさまの投稿が続きます。


管理番号:EG100006 撮影年: 2005年 撮影地: ギザ
(ソフテル ル スフィンクス)
EG100006
形状: 腰掛け式
後処理の方法: その他
(紙吹き、水洗い両用)
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 80%
仕切の個室隠蔽率: 0%
   
投稿者コメント:
客室内のトイレです。
別途、ビデもあるので、両用という表現にしました。
エジプト国内での備え付けのトイレットペーパーは2枚重ねで肉厚。
お尻が痛くなってしまいました。
やはり日本からいつも使っている慣れたペーパーを持参された方がよいかもしれません。
(特に、エジプト特有の下痢に罹った場合はウェットティッシュの方がよろしいかと。)(投稿:Uねえさん)
管理者コメント:
トイレットペーパーが肉厚という表現が真に迫っていますね。
この便器もなぜか四角ですね。


管理番号:EG100007 撮影年: 2005年 撮影地: メンフィス近郊
(アクナトン カーペット スクール)
EG100007
形状: 腰掛け式
後処理の方法: その他
(紙拭き、水洗い両用)
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 80%
仕切の個室隠蔽率: 70%
   
投稿者コメント:
1Fで生徒さんたちがカーペットを織り、2Fが織ったカーペットを展示販売しているという観光客用の学校兼カーペット屋さんの2Fの観光客用公衆トイレ。
水タンクの上のノブを引っ張って水を流すタイプというのが始めてでしたので、面白かったです。
左に見える金属が水洗い用の器具と思われます。(投稿:Uねえさん)
管理者コメント:
水タンクの上のノブを引っ張るタイプはロシアで見たことがあります。理屈がとてもわかりやすいですよね!


管理番号:EG100008 撮影年: 2005年 撮影地: ナイル河上
(クルーズ船「ナイル ストーリー号」)
EG100008
形状: 腰掛け式
後処理の方法: その他
(紙拭き、水洗い両用)
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 80%
仕切の個室隠蔽率: その他
   
投稿者コメント:
3F客室のトイレです。
ウォシュレットになってます。
左はシャワールームの蛇腹扉。
こちらは間違えて案内された部屋なので、使用感は不明ですが、写真ダケは撮ってきました。(笑(投稿:Uねえさん)
管理者コメント:
宿泊部屋付きのナイル川クルーズというのがあるのですね。
さすがは観光大国エジプトです。


管理番号:EG100009 撮影年: 2005年 撮影地: ナイル河上
(クルーズ船「ナイル ストーリー号」)
EG100009
形状: 腰掛け式
後処理の方法: その他
(紙拭き、水洗い両用)
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 80%
仕切の個室隠蔽率: 0%
   
投稿者コメント:
4F客室のトイレです。
ウォシュレットになっています。
実際このトイレで4日過ごしました。
トイレ上部の壁に取り付けてある白いのの、真ん中を押すと水が流れます。(投稿:Uねえさん)
管理者コメント:
同じくナイル川クルーズ船のトイレです。


管理番号:EG100010 撮影年: 2005年 撮影地: フィラエ島
(イシス神殿)
EG100010
形状: 腰掛け式
後処理の方法: その他
(紙拭き、水洗い両用)
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 80%
仕切の個室隠蔽率: 70%
   
投稿者コメント:
入り口の外と、女子トイレの中と二段構えでバクシーシおにいさん、おばさんがおりました。
左にはっきりと、アラブ式用、金属ホースが見えます。
南に行く程、アラブ式っぽくなってきました。(投稿:Uねえさん)
管理者コメント:
二段構えとは抜け目ない!
これもまた観光大国ならではですね。


管理番号:EG100011 撮影年: 2005年 撮影地: アブシンベル
(アブシンベル空港)
EG100011
形状: 腰掛け式
後処理の方法: その他
(紙拭き、水洗い両用)
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 80%
仕切の個室隠蔽率: 70%
   
投稿者コメント:
アブシンベル空港、国内線到着ロビーの公衆女子トイレ。
左にアラブ式用金属製ホースが見えます。
思っていたよりも、ずっと綺麗でした。
公衆トイレには、トイレ内部に必ずバクシーシおばさんがいます。
彼女らはトイレ内の清掃をしています。
なんらかの「サービス」を受けたら「バクシーシ」を。
「サービスは必要ない」なら、ちゃんと意思表示をしましょう。(投稿:Uねえさん)
管理者コメント:
掃除以外に掃除の方が提供してくれるサービスって何なのでしょう?


管理番号:EG100012 撮影年: 2005年 撮影地: アブ シンベル
(セティ ファースト アブシンベル ホテル)
EG100012
形状: 腰掛け式
後処理の方法: その他
(紙拭き、水洗い両用)
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 80%
仕切の個室隠蔽率: 0%
   
投稿者コメント:
だだっ広いバスルームの一角。
水量も十分で快適に利用出来ました。
紙は固いです。(投稿:Uねえさん)
管理者コメント:
このトイレもなぜか四角ですね。


管理番号:EG100013 撮影年: 2005年 撮影地: カイロ
(カイロ空港)
EG100013
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: その他
(紙拭き、水洗い両用)
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 80%
仕切の個室隠蔽率: 70%
   
投稿者コメント:
カイロ空港、国内線到着ロビーの女子用公衆トイレです。
エジプトでやっと出会えたアラブ式トイレ!
数個の個室のうち、一室がアラブ式トイレでした。
手前に見えるゴムホースが洗浄用です。
紙拭き式で利用した場合、紙はゴミ箱に捨てましょう。
公衆トイレなので備え付けの紙はありません。(投稿:Uねえさん)
管理者コメント:
「やっと出会えた」ということはエジプトのトイレは少なくとも観光客の訪れるところはアラブ式より腰掛け式が普及しているというこのなのですね。


管理番号:EG100014 撮影年: 2005年 撮影地: オールド カイロ付近
(船上レストラン「フィッシュ ボート」)
EG100014
形状: 腰掛け式
後処理の方法: その他
(紙拭き、水洗い両用)
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 80%
仕切の個室隠蔽率: 70%
   
投稿者コメント:
オールド カイロ、モナステルリ橋付近、ナイル河に浮かぶ船上レストランの女子用トイレです。
予想に反し、腰掛式でした。利用者の多くが観光客だからかもしれません。
備え付けの紙はありません。(投稿:Uねえさん)
管理者コメント:
このトイレもなぜか四角です。
やはり水洗い文化圏では紙を持参することが必要ですね。


管理番号:EG100015 撮影年: 2005年 撮影地: イスラーム地区
(ハーン・ハリーリのカフェ)
EG100015
形状: 腰掛け式
後処理の方法: その他
(紙拭き、水洗い両用)
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 80%
仕切の個室隠蔽率: 70%
   
投稿者コメント:
ハーン・ハリーリ、ホセイン広場に面した、ホセイン モスクに1番近いカフェの従業員用トイレです。
ガイドさんの知り合いの店らしく、トイレを借りることが出来ました。
予想に反し、腰掛式。従業員用なのでとても狭かったです。
使用した紙はゴミ箱に捨てましょう。(投稿:Uねえさん)
管理者コメント:
現地の方であるはずのカフェの従業員用トイレも腰掛け式とはエジプトではよくよく腰掛け式が普及しているようです。


管理番号:EG100016 撮影年: 2005年 撮影地: ドッキ地区
(カイロ シェラトン タワーズ&カジノ)
EG100016
形状: 腰掛け式
後処理の方法: その他
(紙拭き、水洗い両用)
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 80%
仕切の個室隠蔽率: 0%
   
投稿者コメント:
だだっ広いバスルームの一角。
ビデも付いているので両用トイレとしました。
備え付けの紙は固いです。
水量も十分で快適に利用出来ました。(投稿:Uねえさん)
管理者コメント:
さすがにカジノ付きのホテルのトイレはきれいです。


管理番号:EG100017 撮影年: 2005年 撮影地: ドッキ地区
(船上レストラン)
EG100017
形状: 腰掛け式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 80%
仕切の個室隠蔽率: 70%
   
投稿者コメント:
レストランの名前を忘れてしまいましたが、フォーシーズンズ ホテルの向かいのナイル河上に浮いてる船上レストランの女子トイレです。
水洗い式用のホースが見えない上にホースの記憶もないので紙拭き式としました。
備え付けの紙はありません。
使用後の紙はゴミ箱に捨てましょう。(投稿:Uねえさん)
管理者コメント:
やはり紙が持ち歩かなければなりませんね。

以上、Uねえさま、大量のご投稿ありがとうございました。


管理番号:EG100018 撮影年: 2006年 撮影地: ナイルエクスプレス
(一等車両)
EG100018
形状: 腰掛け式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き:
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
停車中は使用不可。夜行列車だったので気づきませんでしたが、見かけは水洗式なのに、朝使用したら下のふたが開いて地面が見えました・・・。(投稿:けろちゃんさん)
管理者コメント:
ご投稿ありがとうございます。
入り口と便器の位置関係は、これは奥向きということになるのでしょうか。背中側からアプローチするトイレも珍しいですね。形も四角ですし、なんだか謎なトイレです。


管理番号:EG100019 撮影年: 2006年 撮影地: カイロ
(カイロ空港)
EG100019
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 水洗い式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
国際空港にもかかわらず、トイレおばさんがいます。これはファーストラウンジ用トイレ。紙は流してはいけないようです。(投稿:けろちゃんさん)
管理者コメント:
ご投稿ありがとうございます。
典型的なアラブ式トイレですね。さすがはファーストラウンジ用。水洗いでも桶ではなくシャワーがついています。


管理番号:EG100020 撮影年: 2006年 撮影地: アスワン
(切りかけのオベリスクのトイレ)
EG100020
形状: 腰掛け式
後処理の方法: 水洗い式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き:
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
出た!ウォシュレット原型とも言えるトイレです。このノズルは出っ放しなので前使用者のなにがついていることも。見ないようにして用を足しました。紙は流せません。(投稿:けろちゃんさん)
管理者コメント:
これは悪名高きエジプトの元祖ウォシュレットタイプですね!
こりゃノズルの方の蛇口はひねれせん。どうしても試してみたい方は恐ろしい光景を目の当たりにすることを覚悟しましょう。




■小便器事情
管理番号:EG200004 撮影年: 2005年 撮影地: ギザ
(ソフテル ル スフィンクス ホテル)
EG200004
便器の有無:
形状: 壁当て型(角型)
   
   
   
   
   
投稿者コメント:
ホテルのロビーにあった公衆男子トイレです。
私の旦那「日本のより“受け皿”の位置が高く、飛び散らずに良い。」そうです。
(投稿:Uねえさん)
管理者コメント:
ご投稿ありがとうございます。
時々、現地の方の身長はそれほど我々と変わらないのに、どういう訳か小便器の設置位置が高いトイレに出会います。見栄なのかどうなのか…。飛沫予防になるとは新しい視点ですね。なるほど!