世界のトイレ情報

■ シンガポールの概要
現地の言葉 英語 
現地表記 ウェア イズ ザ トイレット?
発音(読み方) 「ウェア イズ ザ トイレット?」 
言語の解説 「ウェア」が「どこ」、「イズ」はbe動詞、「ザ」は冠詞、「トイレット」が「トイレ」を表します。
トイレの英語表現については左のメニュー中の「トイレの英語表現」も参照してください。 
トイレ事情概況 金隠しのないしゃがみ込み式に遭遇した場合は扉の方を向いてしゃがみ、お尻の真下に排水口が来るように座るのが正解です。ご注意を。国際観光都市なのでトイレットペーパーが備え付けの場合が多いですが、紙拭きなのは中華系だけ。マレー系、インド系住民は水洗い文化圏の人々なので訪れる地域によってはトイレットペーパーの持参が必要かもしれません。 

大便器事情 / 小便器事情


■大便器事情
管理番号:SG100001 撮影年: (不明) 撮影地: シンガポール
(Chinatown Guest house)
SG100001
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: その他
(手洗い式・紙拭き式兼用)
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
 中国系が経営するゲストハウスだが、宿泊者にマレー人やインドネシア人も多いので紙水兼用とした。シンガポールでは公衆便所は和式、きれいな建物のの中は洋式だ。マレー系やインド系の多い地域の公衆便所はびしょびしょであることが多い。(もちろん清潔ではあるが)(投稿:Yusukeさん)
管理者コメント:
 陶器製ですがいわゆる「金隠し」がありません。しかし、ヒョウタン型の金隠しなしトイレは、穴のあるところにしないと流れにくいのでやはり手前向きに座るのが正しいようです。びしょびしょでも清潔というところはさすがシンガポール。(小屋)


管理番号:SG100002 撮影年: 2004年 撮影地: セラングーン
(セラングーンセントラル266Blk)
SG100002
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 水洗い式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き:
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
水槽のついたしゃがみこみ式トイレ・1984年 Potex製(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:
シンガポールのトイレについて大量のご投稿ありがとうございます。
奥向きはシンガポールにも存在するようです。


管理番号:SG100003 撮影年: 2004年 撮影地: オーチャード ロード
(セントラルポイントレベル5カーパーク)
SG100003
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き:
扉の個室隠蔽率: 80%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
1983年・Royal Doulton製(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:
これはアラブ式ですね。


管理番号:SG100004 撮影年: 2004年 撮影地: ブキット ティマー
(ビューティワールドセンター地下1階)
SG100004
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き:
扉の個室隠蔽率: 80%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
シンガポールローカルのSP社製。20年もの。SP社最後の一群です。デザイン刷新のため絶滅しそうな製品です。(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:
こうして見るとシンガポールの方はこれに奥向きに座るのですね。


管理番号:SG100005 撮影年: 2004年 撮影地: ブラスバサーロード
(ナンヤンファインアートアカデミー)
SG100005
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
マレーシアからの輸入物。Diamondはマレーシアのブランドです。
Diamondブランドのものはたいてい洋なし型をしているのでこれはレアな物件です。1960年代以前のものと思われます。(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:
と、思いきや、これには手前向きに座るのですね!


管理番号:SG100006 撮影年: 2004年 撮影地: ミドルロード
(ナンヤンファインアートアカデミー)
SG100006
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
1950年代以前と思われる古くまたレアな物件。
この建物はシガポールがかつて英国法制下にあった時代に建てられました。Royal Doulton社はイギリスのブランドです。シンガポールでもここ以外では見かけません。(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:
年代やブランドによる考察が興味深いです。


管理番号:SG100007 撮影年: 2004年 撮影地: ウォータールーストリート
(京劇学校)
SG100007
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
Royal Doulton製の別の物件。延長バージョンです。1950年代のものです。(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:
英国のメーカーがこうしたしゃがみこみ式を作っていたのは面白いですね。


管理番号:SG100008 撮影年: 2004年 撮影地: ワンポア ドライブ
(Blk87のイーティングハウス)
SG100008
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き:
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
香港で有名なブランドVictory。Victoryは1960年代にしかシンガポールで使用されていませんでした。しかし香港版が洋なし型であった時期にシンガポール版では細長い形が用いられていました。(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:
同じメーカーの同時期の製品でもシンガポールと香港で形が違うのは興味深いですね!


管理番号:SG100009 撮影年: 2004年 撮影地: ビクトリアストリート
(セントジョセ教会)
SG100009
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
Twyford社のしゃがみこみ式はシンガポールでは非常に珍しいです。製造年代不明。(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:


管理番号:SG100010 撮影年: 2004年 撮影地: ビクトリアストリート
(セントジョセフ教会)
SG100010
形状: 腰掛け式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
非常に古いTwyford社製腰掛け式トイレです。(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:


管理番号:SG100011 撮影年: 2004年 撮影地: アン モ キオ
(ファンランドゲームアーケード)
SG100011
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
Armitage Shanks社製1976年製造の洋なし型しゃがみこみ式トイレです。(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:


管理番号:SG100012 撮影年: 2004年 撮影地: アン モ キオ
(ファンランドゲームアーケード)
SG100012
形状: 腰掛け式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
1970年代のTwyford社製腰掛け式トイレ。(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:
さすが多民族国家シンガポール。同じゲームセンター内にしゃがみこみ式、腰掛け式どちらも揃えています。


管理番号:SG100013 撮影年: 2004年 撮影地: ホウガンアベニュー8
(イーティングハウス Blk 684)
SG100013
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き:
扉の個室隠蔽率: 80%
仕切の個室隠蔽率: 70%
   
投稿者コメント:
これはシンガポールにおける次世代のトイレです。
Claytan製は2000年以降世に出てました。(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:
水洗い用なのでちゃんとホースがついています。


管理番号:SG100014 撮影年: 2004年 撮影地: セラグーンセントラル
(セラグーンバス乗り換え所)
SG100014
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
Johor Pipe Company製1983年製造のしゃがみこみ式トイレ。(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:


管理番号:SG100015 撮影年: 2004年 撮影地: セラングーンセントラル
(セラングーンバス乗り換え所)
SG100015
形状: 腰掛け式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
1980年代半ばArmitage Shank社製の腰掛け式トイレ。(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:
バス乗り換え所という公共施設だからでしょうか、手すりがあります。


管理番号:SG100016 撮影年: 2004年 撮影地: トア・パヨー・ロロン8
(Blk212のイーティングハウス)
SG100016
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
SP社の初期のしゃがみ込み式トイレ。1970年代の製品。(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:


管理番号:SG100017 撮影年: 2004年 撮影地: トア・パヨー・ロロン 8
(Blk 212のイーティングハウス)
SG100017
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
JPは1970年代に人気のあったブランド。
その人気は1980年頃にいったん落ちるが1980年代半ばからまた見かけるようになる。(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:
それにしてもたくさんメーカーがありますね。


管理番号:SG100018 撮影年: 2004年 撮影地: バレスティアロード
(バレスティアロード586号のイーティングハウス)
SG100018
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
Johore Pipe Company社製の1970年と1980年代の製品。(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:


管理番号:SG100019 撮影年: 2004年 撮影地:
SG100019
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き:
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
シンガポールのセントラルポイントだけで見られるArmitage Shank社製の小さな洋なし型のしゃがみこみ式トイレ。 このほかではこのタイプを見つけたのはマレーシアのデサルで1988年のことでした。(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:


管理番号:SG100020 撮影年: 2004年 撮影地: アンソンロード
(インターナショナル プラザ)
SG100020
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
Potex社1993年制のしゃがみこみ式トイレ。1974年にSP社から出た四角形タイプの改良版でしょうか。(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:
このタイプのトイレで四角のはめずらしいですね。


管理番号:SG100021 撮影年: 2004年 撮影地: アッパー・ブキット・チマー通り
(ビューティーワールドセンター地下)
SG100021
形状: 腰掛け式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
管理人様:
私のトイレ写真コレクションを共有できてうれしい限りです。まだまだあります。これは1970年代後半のアーミテージシャンクの腰掛け式です。水の圧力が弱くてよく流れません。(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:
たくさんのシンガポールのトイレ情報をお寄せ下さっているMarco Chongさんから新たに投稿がありました。いつもありがとうございます。
海外では見かけますが日本ではあまり見かけない黒い便座の腰掛け式ですね。


管理番号:SG100022 撮影年: 2004年 撮影地: アッパー・ブキット・ティマー通り
(ビューティーワールドプラザ)
SG100022
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き:
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
このトイレの年代は1970年代後半から80年代前半にさかのぼります。アーミテージシャンクのしゃがみ込み式で現在は非常にレアな物件です。(投稿:Marco Chongさん)
管理者コメント:
東南アジアで見かける典型的な金隠しなしのしゃがみ込み式ですね。


管理番号:SG100023 撮影年: 2004年 撮影地: ジュロングイースト
(シンガポールサイエンスセンター)
SG100023
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 80%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
トイレは比較的綺麗。最初どちらを向いて屈むか判らず迷ったが、壁の向かって右に突き出ている銀の棒を押したら直に水が流れ出てきたのでこれはお尻洗浄用の(左手)のお水と判り手前を向いて屈むという事が判った。(投稿:Uねえさん)
管理者コメント:
東南アジアで見かける典型的なしゃがみこみ式トイレです。
洗浄用の蛇口が左後ろ、つまり手洗い用の手である左手のすぐそばにあるのですね。なるほど!




■小便器事情
 この国(地域)の小便器のデータはありません。是非ご投稿ください!