世界のトイレ情報

■ 台湾の概要
現地の言葉 中国語 
現地表記 シーショウヂェンヅァイナーリ?
発音(読み方) 「シーショウヂェンヅァイナーリ?」 
言語の解説 台湾の公用語は中国語です。北京語とほとんど同じですが、大陸中国と別の歴史を歩んできたため若干語彙が違っている場合があります。また、漢字は省略されていない繁体字を用います。「シーショウヂェン」が「トイレ」、「ヅァイ」が「ある」、「ナーリ」が「どこ」を表します。トイレには「厠所(ツースオ)」という言葉もありますが、「洗手間(シーショウヂェン)」の方が通りがよく品がよい表現のようです。 
トイレ事情概況 台湾の状況は日本と非常によく似ています。最も安心して旅行できる地域でしょう。また、しゃがみ込み式トイレで日本と同じく奥を向いてしゃがむ形式のものが見られます。中国本土は扉側を向きますので日本統治時代の名残なのかもしれません。 

大便器事情 / 小便器事情


■大便器事情
管理番号:TW100001 撮影年: 2003年 撮影地: 台北
(台北中正國際空港)
TW100001
形状: 腰掛け式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
(投稿:管理者)
管理者コメント:
台北中正國際空港のトイレです。さすがは台湾の空の玄関口、とても清潔です。紙製の便座シートも備え付けられています。


管理番号:TW100003 撮影年: 2003年 撮影地: 台北
(故宮博物院)
TW100003
形状: 腰掛け式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
(投稿:管理者)
管理者コメント:
台北観光のメインイベントとなる胡宮博物院のトイレです。さすがにきれいです。大きなペーパーストッカーが印象的です。


管理番号:TW100005 撮影年: 2003年 撮影地: 台北
(紅楼劇場)
TW100005
形状: 腰掛け式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
(投稿:管理者)
管理者コメント:
若者の街・西門町にある古い建物を改装して作ったおしゃれな劇場「紅楼劇場」のトイレです。注目のスポットだけあってトイレも凝っています。なんと壁が鏡張り!自分が用を足す姿をじっくり観察する機会なんてそうそうありません。訪れた際は是非ご堪能ください。


管理番号:TW100007 撮影年: 2003年 撮影地: 台北
(台北車站北側のバスターミナル)
TW100007
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き:
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
(投稿:管理者)
管理者コメント:
台北車站北側のバスターミナルのトイレ。日本同様公共の場所ではしゃがみ込み式もあります。ここのトイレにはコンドームの自動販売機がありました。


管理番号:TW100008 撮影年: 2003年 撮影地: 九イ分
(公衆トイレ)
TW100008
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き:
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
(投稿:管理者)
管理者コメント:
九イ分(ジウフェン)という町で見かけたトイレです。便器の方向が日本と同じく奥向きでした。日本以外で奥向きトイレが確認されました。これは大発見です!日本統治時代の影響でしょうか。台湾にこの向きのものがあったのは興味深い事実です。


管理番号:TW100009 撮影年: 2003年 撮影地: 九イ分
(喫茶店「天空之城」)
TW100009
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き:
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
(投稿:管理者)
管理者コメント:
九イ分(ジウフェン)の喫茶店で遭遇したトイレです。床や手洗い場のタイルがユニークでした。


管理番号:TW100011 撮影年: 2005年 撮影地: 台北
(鼎泰豊ATT忠孝敦化店)
TW100011
形状: 腰掛け式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
日本以外の国で初めてウォシュレット付きのトイレに出会いました。入ってビックリ!台湾の方々も難色しめさずに利用されているのかちょっと疑問でしたが。(投稿:Naomiさん)
管理者コメント:
ご投稿ありがとうございます。
おお〜、ウォシュレット付きとはさすがは小龍包の老舗、鼎泰豊(ティンタイフォン)ですね!


管理番号:TW100012 撮影年: 2005年 撮影地: 高雄
(東帝士85大樓)
TW100012
形状: 腰掛け式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
台北101に出来るまでは、台湾一高いビルだった東帝士85大樓の75階の展望台フロアにあったトイレです。今、日本でも多くなってきている水を貯めておくタンクのないスッキリしたトイレでした。(投稿:Naomiさん)
管理者コメント:
タンクなしを採用しているとは新しいビルだけあって様々な試みをしている感じですね。フタがないのが少々気になります。


管理番号:TW100013 撮影年: 2005年 撮影地: 台中
(統聯客運バスターミナル)
TW100013
形状: しゃがみこみ式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き:
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
バスターミナル併設のトイレで、足元が汚れていて、かなりビチャビチャで、滑らないように汚さないように気をつけて用を足しました。(投稿:Naomiさん)
管理者コメント:
日本でもそうですが、昔からあるバスターミナル等はどうしてもこういうタイプになってしまいますね。


管理番号:TW100014 撮影年: 2005年 撮影地: 高雄
(漢来大飯店10階)
TW100014
形状: 腰掛け式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 100%
   
投稿者コメント:
10階レストランフロアのトイレですが、トイレブースのドアノブが金(鍍金)だったり、床が大理石もどきだったりして、かなり高級感のあるトイレでした。ちなみに8階(催し物会場)のトイレにも入りましたが、どこにでもありそうな普通のトイレでした。(投稿:Naomiさん)
管理者コメント:
台湾でもホテルのレストランなどではかなりトイレに気を遣っていますね。


管理番号:TW100015 撮影年: 2005年 撮影地: 台北
(龍山寺)
TW100015
形状: 腰掛け式
後処理の方法: 紙拭き式
見かけ上の消却方法: 水洗式
便座の向き: 手前
扉の個室隠蔽率: 100%
仕切の個室隠蔽率: 70%
   
投稿者コメント:
トイレブースが20個くらいはあったと思われるかなり広いトイレでした。電気が点いておらず、かなり薄暗かったので、窓から入ってくる外の明かりを頼りに用を足しました。(投稿:Naomiさん)
管理者コメント:
古くからの観光地ですので仕方のないことかもしれませんが、トイレにも気を遣ってほしいですね。




■小便器事情
管理番号:TW200002 撮影年: 2003年 撮影地: 台北
(台北中正國際空港)
TW200002
便器の有無:
形状: 壁当て型(角型)
   
   
   
   
   
投稿者コメント:
(投稿:管理者)
管理者コメント:
台北中正國際空港の小便器。離れると水の流れる赤外線センサなどもあり、日本と変わりません。


管理番号:TW200004 撮影年: 2003年 撮影地: 台北
(故宮博物院)
TW200004
便器の有無:
形状: 壁当て型(接地式角型)
   
   
   
   
   
投稿者コメント:
(投稿:管理者)
管理者コメント:
胡宮博物院のトイレ。少しずんぐりした変わった形の接地式角型でした。


管理番号:TW200006 撮影年: 2003年 撮影地: 台北
(紅楼劇場)
TW200006
便器の有無:
形状: 受けますよ型
   
   
   
   
   
投稿者コメント:
(投稿:管理者)
管理者コメント:
西門町の紅楼劇場のトイレです。大便器同様正面が鏡張りです。輸入物なのでしょうかここはアジアのトイレにしては珍しく受けますよ型でした。クラッシュアイスが満たしてあり、飛沫の飛散を防いでいます。


管理番号:TW200010 撮影年: 2003年 撮影地: 九イ分
(公衆トイレ)
TW200010
便器の有無:
形状: 壁当て型(角型)
   
   
   
   
   
投稿者コメント:
(投稿:管理者)
管理者コメント:
九イ分(ジウフェン)の坂の途中にある公衆トイレです。西部劇のようなドアがついていました。今ひとつ必要性が感じられませんが…。