世界のトイレ情報
◆ ミャンマー ◆
○現地の言葉:
  ビルマ語
○トイレはどこ?
=エインダー ベマー レー?
○言語の解説:
「エインダー」が「トイレ」、「ベマー(シー)レー」が「どこですか」という意味です。
蛇足ですがミャンマー文字ってまるまるしていてかわいいですね(^^;)。

ビルマ語の「トイレはどこですか」については落合さんからご教授いただきました。ありがとうございます。

ビルマ語というのは、文法的に日本語とよく似ており、「ハ」や「ガ」といった「てにおは」まであります。したがって、語順はほぼ日本語と同じなので、「どこですか」は「どこ→ベマー」と「ですか→レー」をそのまま当てはめればいいです。つまり、「エインダー ベマー レー」となります。また、「どこにありますか」とする場合には、「ある→シー」を入れればいいので、「エインダー ベマー シー レー」となります。もう少し丁寧に言う場合には「エインダー ベマー シー ダレー」となり、丁寧さが増すにつれてだんだん言葉が長くなります。(落合さん)
○トイレ事情概況:
ミャンマーは水洗い文化圏。水洗い文化圏のトイレは概して清潔です。ただ観光客向けの場所以外ではトイレットペーパーが備え付けられていない場合がありますので、どうしても水洗いできない方は持参しましょう。また、ペーパーを流すことを前提とした太さの排水管になっていない場合があります。ペーパーホルダーのないトイレに紙を流す時は注意が必要です。

大便器小便器

■大便器事情
> インレー湖(葉巻工場<家内制手工業的>)
> インレー湖(浮島の寺)
> インレー湖北のナンテー(ホテル)
> ヤンゴン(ガーデンホテル)

■小便器事情

[用語*|戻0|BBS#]
PC用ページ紹介
制作者にメール