世界のトイレ情報
■トイレの英語表現

 「トイレ」と言う言葉が英語の「Toilet」から来ていることは、いまさら説明するまでもありませんが、では英語でトイレのことを何と言えばよいかご存じですか?

 「え?Toiletじゃないの?」と思ったあなた、半分正解です。

 イギリスをはじめ、もともとイギリスの植民地だったオーストラリアやニュージーランドなどでは「Toilet」で正解です。しかし、「Toilet」には単に「便器」という意味もあるため、部屋や建物としてのトイレ(日本語で言うところの「便所」)を指す時には直接的過ぎるとして、アメリカでは「Restroom」、カナダでは「Wash room」と言い換える傾向があります。ただし、これはアメリカやカナダに限っての感覚のようで、イギリス人やオーストラリア人にとってはかえって言い換えた方が奇妙に聞こえるそうです。
  「Restroom」は直訳すると「休憩室」。イギリス人などに言わせるとベッドや座り心地のよい椅子が置いてあって体を休められる設備がある部屋を想像してしまうのだとか。だから、便器しかない、いわゆる「トイレ」を「Restroom」なんて書かれると「おいおい、どこでRest(休憩)しろってんだよ!」とツッコミを入れてしまいたくなるそうです。ちなみに、アメリカで使われる「Bathroom」も、イギリス人などにとってはバスタブやシャワーがある部屋のことを指し、必ずしも便器があるとは限らないそうです。つまり、一般家庭を訪れてトイレに行きたい場合は、イギリスの家の風呂場には必ずトイレがあるためWhere is the bathroom?という言い方ができるけれども、パブやレストラン等ではWhere is the toilet? という訊き方をした方がよいということです。
 同じ英語でも国によって感覚が違うなんて面白いですね。
 なお、「Lavatory」という言葉への言い換えは英米語ともによく使われるようです。


※本記事は、hiroさん、Andrew Brownさん、Tarohさん、talviさんからのご指摘をもとに書きました。経験に基づいた生の情報をありがとうございました。

 英語の他にも「トイレ」と直接的に言うのをはばかって言い換える国や言葉はたくさんあります。一例を挙げると…。

 (日本)お手洗い、化粧室、はばかり、雪隠
 (韓国)化粧室(ファジャンシル)
 (中国)一号(イーハオ)
     洗手間(シーショウヂェン)
 (イギリス)bog(ボグ)
      convenience(コンビニエンス)
      loo(ルー)
 (ドイツ)Frau Meyer (フラオ マイヤー(マイヤーおばさん))
      00(ヌルヌル)

などなど。
 余談ですが、いわゆる「大きい方」を「ビッグ・ベン」、「小さい方」を「リトル・ジョー」、「下り気味の大きい方」 を「ビッグ・ジョー」と表現する友人がいます。筆者的にはかなりいいセンスだと思います(笑)。

PREV CONTENTS TOP HOME CONTACT US